在宅医療・介護HOME HEALTHCARE

在宅診療

在宅医療とは

我が国は今まで経験したことのない超高齢化社会を迎えています。加えて病院のベッド数の規制や入院期間の短縮化が進んでいます。
このようなことを背景に自宅などで療養される方が多くなってきました。このように自宅や病院以外の療養先で行われる医療のことを
「在宅医療」といいます。

一昔前の在宅医療というとすぐ思い浮かべるのがいわゆる「往診」です。
しかし、現在医師が行っている在宅医療は「往診」だけではなく「訪問診療」という診療形態があります。
往診とは、急な病状の変化に対して通院が困難な患者さんから臨時の要請を受けて自宅を訪問して診療を行うことを言います。
訪問診療とは、定期的な外来診療の在宅版のようなイメージです。
定期的かつ計画的に診療が必要であるが通院が困難な患者さんに、月1~2回自宅を訪問して診療を行うことを言います。
このように、現在の在宅医療は「訪問診療」と「往診」を組み合わせて行われるものです。
これにより「定期的な医師の訪問診療」と「24時間365日対応」が可能になります。


在宅医療の特徴と
これを支える人々

在宅医療は自宅や施設という生活の場で行われる医療です。
病院と違い、普段の生活をしながら療養するため生活面での支えがなければ十分な療養はできません。医師以外にも、訪問看護師・薬剤師・ケアマネジャー・各種福祉サービスなどの多くの職種の人々が一人の患者さんを医療面・生活面の両方面から支えることにより安心して自宅で療養できるのです。これを多職種連携あるいは在宅ケアネットワークといいます。

当院の在宅診療

当院は30年以上前より在宅医療に積極的に取り組み、現在は「強化型在宅支援診療所」として在宅で療養される方を24時間365日体制で管理しています。また当院では「ケアプランセンター」「ヘルパーステーション」を併設しており、自宅で療養される方を医療面のみならず生活面からも支えることにより、より充実した在宅療養ができるよう支援しています。
また、多くの機関病院と病診連携をとり病状の急変や悪化にも対応しています。また地域の福祉サービス事業所や地域包括支援センターなどとも常に密接な連携を取り合って、できるだけ自宅で安心・安全な療養ができるように支援しています。

対象患者

  • 高齢あるいは認知症・病気や障害のため通院が困難あるいは寝たきり状態の方
  • 末期癌や老衰などの終末期ケアを自宅で行いたい方
  • 今まで通院していたが徐々に通院が困難になってきた方

在宅診療の受付

お電話をしていただくか受付までお越しください。(ご家族の方で結構です)
当院の看護師・ケアマネジャーが対応いたします。また、介護保険の申請やケアプラン作成も行っています。

井上クリニック 受付06-6700-8800
本町井上クリニック 受付06-6791-0075
井上クリニック ヘルパーステーション06-6700-8802
井上クリニック ケアプランセンター06-6700-8832