内視鏡検査ENDOSCOPY

胃内視鏡(胃カメラ)検査

鎮静剤を使用した苦しくない
胃カメラ検査を行なっています。

当院では最新内視鏡機器を用いて検査していますので早期がんやその他の潰瘍、ポリープ、炎症など観察可能な食道・胃・十二指腸の異常などを早い段階で見つけることができます。
異常が発見されればその場で組織を採って(生検と言います)詳しい検査を行なったりすることもできます。検査時間は5−10分程度です。また、ピロリ菌検査も同時に可能です。

このような方は
胃カメラ検査をご検討ください

  • ゲップや喉の違和感がある
  • 胃痛・腹痛・胃もたれ・
    胸焼け・吐き気がある
  • お腹が張る、すぐに満腹になる、
    食欲不振
  • 便通がおかしい、便の色がおかしい
  • 体重が減少した
  • 顔色が悪い
  • 貧血と言われた
  • 家族に胃がん・消化管のがんの方がいる方
  • 40歳以上の方・がんが心配な方
  • ピロリ菌に感染している方
    または除菌歴のある方
  • 検診にて異常を指摘された方

胃カメラ検査で発見できる主な疾患

  • 逆流性食道炎
  • 食道裂孔ヘルニア
  • バレット食道
  • 機能性ディスペプシア
  • 食道がん
  • 胃/食道静脈瘤
  • 胃炎(急性・慢性)
  • 胃潰瘍
  • アニサキス症
  • ヘリコバクター・ピロリ感染症
  • 胃・十二指腸ポリープ
  • 悪性リンパ腫・MALToma
  • 胃がん
  • 粘膜下腫瘍
  • 胃/十二指腸潰瘍
  • 乳頭部がん

これらの病気は早く見つけることができれば簡単な治療で済むことが多いので、
早期発見早期治療のためにも、定期的な胃カメラ検査を提案しております。

当院の胃カメラ検査の特長

Point

熟練したドクターと
スタッフによる内視鏡チーム

熟練したドクターとスタッフによる内視鏡チーム

当院ではこれまで多数の内視鏡検査に従事してきたドクターとスタッフのみで構成された内視鏡チームが検査を担当します。
安心して検査をお任せください。

とにかく徹底的に患者様に
優しい胃カメラ検査

とにかく徹底的に患者様に優しい胃カメラ検査

内視鏡検査は口からカメラを挿入する際おう吐反射の強い方(内視鏡検査中にオエっとする)には不安なことです。その不安を和らげるためにも鎮静剤の使用をお勧めしています。

当院では胃カメラ検査・大腸カメラ検査とも、鎮静剤の使用が可能で、ほとんど眠っているのと同じ状態で不安や苦痛を感じずに検査がお受け頂けます。万が一、鎮静剤が過剰に効きすぎても安全に対処出来るよう準備も整えております。

検査後はまだ麻酔が効いた状態ですが、麻酔が覚めるまでゆっくりお休みいただけますリカバリールームも完備しております。

高性能・高画質内視鏡システム

高性能・高画質内視鏡システム

当院では最新の内視鏡システムを導入し、安全で質の高い内視鏡検査と診断・治療を行っております。

胃カメラ・大腸カメラともに高画質なハイビジョンシステムによるクリアで高精細な拡大観察を行い、ごく小さな病変の早期診断に可能です。

早朝胃カメラ、
土曜日の胃カメラを実施

当院ではお仕事や家事などで日中にはなかなか時間が取れない方のために早朝8:30からの早朝胃カメラを実施しております。
また平日は都合が合わない方のために土曜日も内視鏡検査を行っておりますのでぜひご利用ください。

※早朝胃カメラは鎮静剤なしの場合9:30、使用ありの場合は10:30くらいを目安にクリニックを出ることができます。

当日の胃カメラ可能です。

前日の晩より食事を抜いて受診を頂けますと当日の胃カメラ検査が可能です。
忙しくてなかなか時間の取れない方や、一度の来院で内視鏡検査を済ませてしまいたい方はぜひご利用ください。

※事前の予約をおすすめしております

※ご予約のない場合はその他の予約状況により当日実施できない可能性があります。

経鼻による胃カメラ検査も可能

経鼻による胃カメラ検査も可能

当院では口からカメラを入れる胃カメラ検査だけではなく、鼻からカメラを挿入する極細の経鼻胃カメラ検査も取り揃えております。
どうしても口からの検査に抵抗感のある方には鼻からの検査も選んでいただけますのでご安心ください。

鉛筆とスコープの比較

鉛筆とスコープの比較

経口内視鏡検査

一般に反射が出やすいためしんどい検査ですが、鎮静剤を使用すれば寝ている間に楽に検査を受けることが出来ます。
麻酔さえしっかり効かせることができれば体への負担は極小で済み、食事もすぐにとれるためもっともおススメです。

経鼻内視鏡検査

約5mmの非常に細い内視鏡を鼻から挿入します。
「オエっ」となる咽頭反射はほとんど起きず、不快や吐き気を感じにくい検査となっています。ただし小柄な方、女性、鼻炎がある方など鼻の穴が狭い方は時に激しい鼻出血の危険性があるため、避けたほうが無難です。

胃カメラと大腸カメラを
同じ日に検査可能

胃・大腸カメラを同日に受けていただくことが可能です。
食事制限や通院回数が最小限ですみますので何度も通うのが難しい方はご利用ください。

※事前に診察が必要になります

ピロリ菌のチェックも同時に
行うことができます

ピロリ菌のチェックも同時に行うことができます

胃カメラの際に必要であればピロリ菌のチェックを行なっております。
結果次第では専門医が除菌治療を提案してまいります。

ピロリ菌とは胃の粘膜に生息する細菌で、胃潰瘍や胃がんなどの病気の原因となる病原体です。日本人の中高年の約過半数、またがん患者の多くがピロリ菌に感染していると言われています。除菌すると胃潰瘍や胃がんなどの病気の危険性を減らすことができます。
当院では、胃カメラと同時にピロリ菌の検査を行う事が可能です。
検査の結果、陽性と判断された場合、専門医による除菌療法(お薬の内服治療です)をご案内いたします。

インターネットやお電話にて
ご予約可能です

当院では直接御来院頂く以外にも、お電話やスマートフォン・タブレット・パソコンなどを使用したWEB予約システムから直接胃/大腸カメラ検査のご予約頂くことができます。WEBからご予約頂くことで受診日当日は検査もスムーズに行うことが可能です。

※大腸カメラは事前の診察が必須ですので初回は診察のみとなります。

※当日に胃カメラをご希望の際は直接お電話ください。

丁寧な検査結果説明と
アフターフォロー

丁寧な検査結果説明とアフターフォロー

検査が無事に終わってもそこで診療が終わるわけではありません。
検査の結果を患者様方にわかりやすく納得いくまで説明し今後の治療に結びつけていきます。