内視鏡検査ENDOSCOPY

大腸カメラ検査の流れ・費用

大腸内視鏡(大腸カメラ)検査の流れ

Flow

Step 1
外来受診

まずは外来受診していただき、症状をお伺いしながら医師が診察をいたします。
診察で大腸カメラ検査が必要と判断した場合、検査日程を一緒に決めてまいります。
診察終了後に前処置のための下剤をお渡しします。
腸管洗浄剤の種類により内服方法や連絡のタイミングなどお伝えします。

Step 2
検査前日

  • 大腸に便が残らないようにするため消化の良い食べ物を指導します。
    それ以外は召し上がられますと検査がしっかりと行うことができない可能性があります。
  • 夕食は20時までにお摂りください。水分(お水・お茶、スポーツドリンク)の摂取は可能です。
  • 就寝前に下剤をお飲みいただきます。

Step 3
検査当日

朝食は絶食です。水分(お水・お茶、スポーツドリンク)の摂取は可能です。
午前中に指示のあった時間までに腸管洗浄液を約2時間かけて服用頂きます。
洗腸剤は通常ご自宅で飲用していただきます。当院スタッフよりお電話で便の状態をお伺いします。

※初めての方や後不安な方は院内に前処置コーナーを設けておりますので スタッフと一緒に腸管洗浄を行なっていただくことも可能です。

Step 4
ご来院

排便内容が薄黄色の液体だけになり、便意もなくなりましたら、
検査予約時間15分前に当院へお越しください。

鎮静剤の使用をご希望の場合、検査後は車の運転ができません。
帰路の交通手段の確保をお願いいたします。

Step 5
検査の開始

来院後、当院でご用意する検査着に着替えていただきます。
鎮静剤(麻酔)を用いた大腸カメラ検査をご希望の方には、検査前に適量の鎮静剤を静脈内に投与します。
ある程度薬が効いてきたら検査開始です。

  • 夕検査時間は15~30分程度です。腸の状態により検査時間が多少前後することがあります。
  • 検査中に切除可能な大腸ポリープがあった際には同時に切除します。

Step 6
検査の終了

検査直後は腸の中にガスがたくさん入っている状態なので、お腹が張っています。
機械から入れたガスなので臭いはありません。我慢せずにガスを出してください。
ガスを出していけばお腹の張りも改善していきます。

Step 7
回 復

検査直後はまだ麻酔が効いた状態です。回復室のソファーでおやすみください。
麻酔が抜けるまで個人差はありますが意識がはっきりしてから診察室へご案内いたします。

Step 8
診 察

実際の行った検査画像を見ながら医師より詳しく丁寧に納得がいくまで説明をさせていただきます。組織検査やポリープ切除を行った場合は、精密検査結果は後日に追加でお伝えしますので再診日をご案内いたします。

Step 9
ご帰宅

鎮静剤(麻酔)を用いて検査をした場合、検査後当日は車・バイク・自転車の運転ができません。くれぐれもご注意ください。検査後激しい運動やいきみなどはお控えください。

大腸カメラ検査の費用

検査内容3割負担
診察料・血液検査約2,000~3,500円
大腸カメラ(観察のみ)約4,650円
生検検査約3,500~7,000円
ポリープ切除 約17,000円
合計 8,00030,000

※上記の費用のほか、薬剤料や注射料などの実費が別途かかります。